FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[理] 大気のお話

今日は久しぶり?に平日早く帰ってこれたので、
少しマジメな話を。

今日の札幌(22時頃)、空気が大変きれいでした。
夜でも藻岩山のふちがクッキリ見えました。
確かに空気も澄んでまして非常に気分が良かったです。

と言うことで今日は冬場の空気について。
冬場は、空気が綺麗な日と汚い日にかなり差があります。
空気が悪い日は、敏感な方は家から外に出た瞬間わかると思います。
どこか霞んでますし、臭いです。

すぐ気づく方も多いかもしれませんが、
臭い以外に、冬の空気の汚れ具合が簡単にわかる方法があります。

煙突の煙です。

煙突の煙が上に向かってまっすぐ伸びていたら、
基本的に空気は綺麗な日が多いはずです。
逆に煙突の煙が下に垂れ下がってきている日は要注意。
空気が非常に悪いことが多いです。
「なんだか今日は外が臭いぞ?」と思った日は、
たいてい煙突の煙が下にモワモワ降りてきてます。

なんでそんなことが起こるの?と言うお話は難しいので省略しますが、
(イエイエ、ケッシテ、セツメイ、デキナイ、ワケデハ、アリマセン、ヨ?)
温かい空気って普通は冷たい方に向かって進むので、
煙突の煙は車の排気ガスなど、普通は上に向かうのですが、
地面の方が寒いと、煙突の煙などが下に来てしまう。
そして汚い空気は上に行ってくれないので、「汚い臭い」という状況になるのです。

本来空気って、高い位置に行くにつれて温度が下がっていきます。
(部屋を暖めても足元が寒くなりますよね。)
ところが冬場の空気は、たまにこの温度差が逆になり、
地面に近い方が温度が低くなる時があるんです。
こうなると煙が下にモッコモコ。地面近くが煙でいぶされたようになるのです。

この時期、気象予報で「放射冷却現象」と言う表現をすることがあります。
通常ですと「あぁ、晴れてるのに寒くなるんだな。」くらいのイメージだと思いますが、
寒いに加えてにこの日は、煙突の煙が下に垂れ下がり、空気が悪くなる事が多いです。
「放射冷却現象」という単語が聞こえたら要注意。
寒いし空気も悪いしという非常に残念な日になる事があります。
呼吸器が不安な方はぜひマスクを!


と言うことで久しぶりの長文失礼いたしました。
この雑学、合コンとかで使えませんか?え?長すぎる?オチもない?


oh...

テーマ : どうでもいい話 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
お外とのリンク
カテゴリ
来てくれてありがとう
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。